内装はどう変わった?マツダ「CX-5」のマイナーチェンジ

マイナーチェンジした、新しいマツダの「CX-5」。
グッとカッコいい印象になった外装をCMなどで見て、既に気になっているという方も多いのではないでしょうか?
やはりパッと目を引くのは、水平ラインを強調したデザインに変更された外装ですが、実は内装のマイナーチェンジもとても魅力的。
全モデルは全体的に黒っぽい落ち着いた印象のインテリアでしたが、今回のマイナーチェンジによりガラッと明るいインテリアに変わっているんです。

 

CX-5の助手席
全体はブラックを基調としていますが、まず目につくのは金属調の加飾です。
メタリックカラーが加わることで華やかさがプラスされ、さらにピュアホワイトの本革シートが高級感を感じさせます。
また、実用面でもカップホルダーのアジャスター機能、小物入れなどが追加され、より機能的になっています。
さらに電動のパーキングブレーキやペダルの踏み違いを抑制する機能、後退時の事故を防ぐ技術などが追加され、さらに使いやすく安全な仕様になっているんです。
見た目だけでなく、中身も一段とグレードアップしている「CX−5」。
ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

下取りに出すよりオススメ!一括査定サイト

一括査定ランキング一位
▼こちらをクリック▼

かんたん車査定ガイド(無料)
▲こちらをクリック▲
一括査定ランキング2位
▼こちらをクリック▼

ズバット車買取比較(無料)
▲こちらをクリック▲